どんな仕事をしたいと考えているか

何の仕事に適正があり、どんな仕事をしたいと考えているかは、とても重要です。コミュニケーションスキルが高い人は、販売職や営業の仕事に適正があります。他人と会話をすることが得意ではなく、話そうとすると緊張してしまうという人は、営業の適正は乏しいでしょう。言うまでもなく、適性以外でも仕事を選択する基準はありますが、考慮の一つにはなります。適性を第一に考えて仕事を決めるという方法は、必ずしも正しいものではないようです。大学の就職セミナーでは、適性試験を受けて仕事を選ぶようにという話をされることがあります。全ての人に適性検査の結果がばっちりあてはまるというわけではないことは覚えておきましょう。適性検査を受けて、経理に関係する仕事に適性があると言われたといます。しかし、自分としては経理はそもそも興味がないし、数字をどうこうする作業はしたくないという人もいます。もしも適性がある分野が指定されても、それ以外の職種がいいと思うなら、後の判断は自分次第です。適性があるなら試してみたいと考えることそのものはいいことでしょう。なりたい仕事を選ぶ時には、適性検査は参考意見にはなりますが、決定的な強制力を持っているものでは決してありません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ